投稿

第五回メルロ=ポンティ哲学研究会の告知

イメージ
第五回メルロ=ポンティ哲学研究会プログラム
日時:2019年3月24日(日) 会場:大阪大学吹田キャンパス人間科学研究科本館12号教室
午前の部:ワークショップ 『知覚の現象学』を再考する(司会:横田仁・首都大学東京) 川崎唯史「知覚の本性から主体の本性へ:前期メルロ=ポンティのプログラム」(2018)の検討
10:00-10:15  自著解説: 川崎唯史(国立循環器病研究センター・立命館大学)
10:15-10:45  評者:國領佳樹(立教大学)  「前期メルロ=ポンティの超越論的プログラムにおける身体・知覚・主体」
10:45-11:00   リプライ:川崎唯史
全体討議    11:00-12:00
午後の部:特別企画 小倉拓也『カオスに抗する闘い −ドゥルーズ・精神分析・現象学』合評会(司会:小林徹・龍谷大学)
 13:00-16:00  自著紹介・リプライ:小倉拓也(大阪大学)
 評者:    工藤顕太(早稲田大学)    酒井麻依子(立命館大学)    平田公威(大阪大学
16:00-17:00   全体討議
*事前登録不要・参加自由
主催:メルロ=ポンティ哲学研究会
共催:DG-Lab、大阪大学大学院人間科学研究科共生の人間学研究室


改訂版:第四回メルロ=ポンティ哲学研究会

第4回メルロ=ポンティ哲学研究会
・特別企画:藤高和輝『ジュディス・バトラー 生と哲学を賭けた闘い』合評会
日時:11/24(土)13:00-17:00 会場:日本大学市ヶ谷キャンパス72講堂
自著紹介・評者へのリプライ:藤高和輝(日本学術振興会PD) 評者:五十嵐舞(一橋大学大学院)、中澤瞳(日本大学)、立花達也(大阪大学大学院) 司会:川﨑唯史(国立循環器病研究センター)
入退場自由・予約不要 問合せ:merleaupontystudies@gmail.com
主催:メルロ=ポンティ哲学研究会 共催:特別研究員奨励費「〈身体=違和〉の哲学――実存主義的現象学からトランスジェンダーの現象学へ」、科研費「弱者を対象とする医学系研究に求められる倫理的配慮に関する研究」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
午前の部
・読書会企画:ジュディス・バトラーのメルロ=ポンティ論文を読む

日時:11/24(土)10:00-12:00 会場:日本大学市ヶ谷キャンパス72講堂

レビュアー:常深新平(慶應義塾大学)、國領佳樹(立教大学)

テキスト:"Merleau-Ponty and the Touch of Malebranche"
*該当論文は事前に読んでこなくても持参も必要なしですので、お気軽にご参加ください。レジュメを配布いたします。

第四回メルロ=ポンティ哲学研究会の告知

イメージ
第4回メルロ=ポンティ哲学研究会
・特別企画:藤高和輝『ジュディス・バトラー 生と哲学を賭けた闘い』合評会
日時:11/24(土)13:00-17:00 会場:日本大学市ヶ谷キャンパス72講堂
自著紹介・評者へのリプライ:藤高和輝(日本学術振興会PD) 評者:五十嵐舞(一橋大学大学院)、中澤瞳(日本大学)、立花達也(大阪大学大学院) 司会:川﨑唯史(国立循環器病研究センター)
入退場自由・予約不要 問合せ:merleaupontystudies@gmail.com
主催:メルロ=ポンティ哲学研究会 共催:特別研究員奨励費「〈身体=違和〉の哲学――実存主義的現象学からトランスジェンダーの現象学へ」、科研費「弱者を対象とする医学系研究に求められる倫理的配慮に関する研究」


・読書会企画:ジュディス・バトラーのメルロ=ポンティ論文を読む

日時:11/24(土)10:00-12:00 会場:日本大学市ヶ谷キャンパス72講堂
テキスト:Judith Butler, “Merleau-Ponty and the Touch of Malebranche” in The Cambridge Companion to Merleau-Ponty, ed. Taylor Carmen and Mark B. N. Hansen, Cambridge: Cambridge University Press, 2005, pp. 181–205.

第三回メルロ=ポンティ哲学研究会の告知

第三回メルロ=ポンティ哲学研究会プログラム
日時:9月7日(金) 場所:立教大学池袋キャンパス14号館302D
◾️特別企画:読書会(14:00-16:00 )  テクスト:「シャルボニエ対談」      (Entetiens avec Georges Charbonnier, Édition Verdier,2016)    範囲:第一節“La pensée bloquée et l’homme en porte-à-faux”, 第二節 “La phénomenologie”  レビュアー:横田仁(首都大学東京)、常深新平(慶應義塾大学)
◾️個人研究発表(16:30-19:30)  澤田哲生(富山大学)「自己中心性から中心幻想へ:メルロ=ポンティの思想におけるピアジェの発       達理論の役割について」
 小林徹(龍谷大学)「メルロ=ポンティと存在論的転回」

◾️ミーティング(19:30-20:00)*

*事前登録不要、参加自由 * はじめての方もどうぞお気軽にご参加ください

ヘレン・ンゴ『人種差別の習慣』合評会、8月24日(金)

ヘレン・ンゴ『人種差別の習慣』合評会
日時:2018年8月24日(金)14:00-17:40 場所:立教大学池袋キャンパス 11号館 A302(http://web.waseda.jp/assoc-soes/pdf/RikkyoUniv_campus.pdf
趣旨:メルロ=ポンティ、サルトル、ハイデガーを手がかりに、現象学的観点から、人々に根づく人種差別的な習慣に切り込んだ、いま北米で話題となっている著作の合評会です。 (Helen Ngo, The Habits of Racism: A Phenomenology of Racism and Racialized Embodiment, Lexington Books, 2017)
▪️ タイムテーブル
14:00-14:15 自著の紹介:Helen Ngo(Deakin University) 司会:田中彰吾(東海大学)
14:15-15:15 若手研究者による書評:     赤阪辰太郎(大阪大学)酒井麻依子(立命館大学)田村正資(東京大学) 15:15-15:45 著者からのレスポンス:Helen Ngo
15:45-16:00 休憩
16:00-16:25 問題提起:小西真理子(大阪大学)
16:25-16:35 著者からのレスポンス:Helen Ngo
16:35-16:50 休憩
16:50-17:40 全体討論
・事前登録は必要ありません。(使用言語:英語)
・主催:科研費助成事業「新学術領域研究」トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築(顔・身体学)
            計画班「顔と身体表現の比較現象学」(代表:河野哲也)
・共催:メルロ=ポンティ哲学研究会

第二回メルロ=ポンティ哲学研究会・合評会の告知

イメージ
第二回メルロ=ポンティ哲学研究会
日時:3月15日(木)14:00-19:00 場所:日本大学通信教育部(東京、市ヶ谷)、31講堂 http://www.dld.nihon-u.ac.jp/access_map/


個人研究発表に向けた検討会 14:00-15:30
横田仁(首都大学東京)「実効的自由と真理」
司会:澤田哲生(富山大学)      

特別企画:加國尚志『沈黙の詩法:メルロ=ポンティと表現の哲学』(晃洋書房, 2017年)合評会
16:00-16:15  
「著者によるイントロダクション」加國尚志(立命館大学) 16:15-18:00  
「特定質問とリプライ」 猪股無限(筑波大学) 横田仁(首都大学東京) 田村正資(東京大学) 生駒美桜(早稲田大学) 司会:佐野泰之(京都大学)
18:00-18:10  休憩
18:10-19:00 全体討論

第二回メルロ=ポンティ哲学研究会について

第二回メルロ=ポンティ哲学研究会は、東京で2018年3月中旬に開催予定!

合評会など企画中です。